【年中無休】 くるみ割り人形 022035N ナチュラル FCN林務官-工芸品・民芸品



(ドイツ)
木製、H:37.5cm
Fuechtner/フュヒトナー工房のクルミ割り人形です。
実際に胡桃を割ることはできませんが、背中のレバーを持ち上げると本物のくるみ割りのように口が開きます。

フュヒトナー工房は初代Gotthelf/ゴットヘルフが1786年から木工品の製作・販売を始めたことからスタートしました。そして3代目Wilhelm/ヴィルヘルムが1870年ごろに現在の形のくるみ割り人形を初めて作ったことから「くるみ割り人形の父」と呼ばれるようになり、以来代々くるみ割り人形を作り続け、現在は6代目Volker Fuechtner/フォルカー・フュヒトナーがそのあとを継いでいます。

また、E.T.A.ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王様』では、くるみ割り人形は、クリスマスイヴの日にフリッツとマリーがドロッセルマイヤーおじさんからもらったプレゼントの中にありました。ドイツではクリスマスに登場する定番です。


●この人形は実際にクルミを割る器具ではありません。装飾用としてお楽しみください。